Xiaomi Mi Band3に乗り換えた

Mi Band2からMi Band3へ

← Mi Band2 | Mi Band3 →

長らくスマートウォッチ(活動量計?)としてMi Band2を使い続けてた。元々腕時計をつけるのはあんまり好きじゃなく、高校生の頃は時計付きストップウォッチを懐中時計代わりに使ってたくらい。しかしお友達からとても安価で便利なスマートウォッチがあるよ、と教えてもらってからすっかりハマりました。それがMi Band2です。

Mi Band2は2,3000円で歩数カウンタや心拍数の測定、睡眠時間モニタ、そしてスマホの通知を受け取ったりする事ができます。しかもめちゃくちゃ軽いので腕につけていてもあんまり気にならない。

画面も小さく機能は結構シンプルで、英語しか表示できなかったり、漢字の通知が中国語読みに変換されたり(味がweiって出たりする)、そもそも通知は来た瞬間しか見れなかったりでした。更に操作方法は下部についてるボタン一つだけ。しかしこのシンプルさが逆に可愛かったりする。

Mi Band2も3も、スマートフォンとはBluetoothを使って通信を行うので省電力です。ちなみにAndroidもiOSも対応しています。

Mi Band3自体は2018年6月くらいにが発売されましたが、てっきり画面サイズが大きくなったくらいかなと思って買い替えてませんでした。が、このたび11.11の独身の日セールで$20.79と格安で販売してたので購入しました。そしたらとても便利になっていたのでここにまとめます。

Mi Band3

Mi Band3 この写真の画面はシールです
← Mi Band2 | Mi Band3 →

Mi Band3は2に比べて一回り大きいですが、まあこのサイズなので大して装着感は変わりませんでした。軽くていいですねほんと。機能的にはだいぶ強化されていて、

  • 画面が2~3倍くらい大きくなった
  • 画面全面がタッチパネルに
  • 通知がBand上であとから参照できるようになった(最新5件まで)
  • 日本語が表示されるようになった
  • 時計画面が3種類から選べるように

とかなり便利になった。さらに細かいところでいうと、ストップウォッチ機能が追加されたり、Mi Bandからスマホの音を鳴らして探すことができるようになったりしている。段々普通のスマートウォッチに近づいてきたと思う。あと2ではわりと画面が暗く、直射日光の下ではかなり視認性が悪かったが、3では多少明るくなっている。これも嬉しいポイント。

選べる3種類のフェイス
日本語も表示される※

日本語の表示はわりと嬉しいけど、フォントが少ないのか半角カナや絵文字が表示されなかったりする。絵文字はわかるけど半角カナのフォントを追加しなかったのは謎。あと初回のファームウェアのアップデート後にフォントのインストールが開始されるのですがこれが30分以上かかった。長かった。

一番気になるのはバッテリーの持ち具合だと思うけれど、一日使ってみてわりと遊んでみたところ15%くらい減っていた。ぼくは公式アプリ以外にもTools & Mi bandというアプリを入れて、30分に1回自動で心拍数を記録するようにもしている。よって通常使用より電池消費が早い。なので普通に使ってる分には10日位持つんじゃないだろうか。2は素の状態でもう少し長く使えていたが、画面が大きくなったり明るくなったりしているので大目に見ることができる。

先に述べたTools & Mi bandについて。こちらは通知をフィルタリングしたりできるので便利。最初は濁点、半濁点を持つ文字がそれを持たない文字に勝手に置き換えられる(ex. が→か)現象が起きていて、バグか何かかと思ったけどよく見たら設定にこんなのがあった。


上図の赤枠の部分のチェックを外すと、濁点・半濁点を持つ文字も表示されるようになった。デフォルトで有効になってるのかはわからないけど、濁点・半濁点をアクセントと認識されてる模様。日本語では意味が変わってしまうよ…

この他、なぜかGmailの通知だけよくわからない中国語(收到一条鞘息、清在手机查看といつも表示される)になってしまうバグがある。一応バグレポートを投げてみたので改善されたまた報告したい。

総評

スマートウォッチほしいけど大きくて重いし、充電めんどくさいなぁって言う方におすすめです。やすいですしね。

それにしてもAndroidで使えるスマートウォッチはもう少し便利なものが出てきてほしいものです。具体的にはGoogle Payが使えて、Apple Watchみたいに支払いができたりするくらいのものがあれば乗り換えたいと思う(Apple Watchは画面が四角いのがあんまり気に入っておらず、丸いフェイスのものが出てきたら気持ちが揺らぐだろう)。まああの機能はハードもソフトもまとめて作っているAppleだからこそ日本のガラパゴス決済に対応できたんだろうなぁと思ったりします。

PIC MAN

ソフトとハードの両方の目線を持てるようになりたいです.

おすすめ

1件の返信

  1. 2019年7月7日

    […] 昨年末くらいにMi Band3に変えたばかりですがなんと4が出てしまったので今回はすぐに購入しました。Mi Band4の特徴はなんと言っても画面の高性能化でしょう。Mi Band3と比較すると…… […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。