KZ AS10を買った

この間KZ ZS10を買ったばかりだけれども、なかなかいい音を鳴らしてくれてたので勢いでKZ AS10も買ってみた。AS10のほうが新しい。またAS10も片耳5ドライバ構成だがBA5機となっている(ZS10は4BA+1DD)。価格は少し高く$50くらいだった。今回は珍しくAliexpressを利用。

今回はイヤホンレビューと言うよりマイクロレンズでパシャパシャするのが楽しかったから写真メインです。

開封の儀

化粧箱はこんな感じで和紙っぽいような質感。ZS10に比べて高級感のある箱だ。ちなみにこの箱は上面の左側が固定されていて本のように開く。

箱を開くとイヤホン本体が登場。スポンジっぽいものに埋め込まれている。透明なシェル越しにKZ社のロゴが見える。本体の下の方にはアルミのプレートが。中華イヤホンのわりには高級感のあるパッケージでテンションが上りますね。

箱から出してケーブルを繋いだ。コネクタは0.75mmの2pin。

AS10とZS10の比較

外見

AS10はZS10と比較してダイナミックドライバを搭載していない分一回り小さい印象。厚さも薄くなっている。またシェルはプレート面のみ透明で、耳の内側に当たる部分は黒い。ZS10は全面透明で「ほんとに5ドライバはいってるすご~い」と目視で確認できたが本当に入っているんだろうか(流石に大丈夫だとは思うけど)。その分プラスチック感丸出しではないので見た目はいいと思う。付属のケーブル、イヤーピースはどちらも同一のものだと思われる。

音質

さて実際に音を聞いてみた感想を書きたいと思う。全体的には好印象で良いイヤホンだと思う。事前にググってたところAS10は周波数特性がフラットな印象だという声が多かったが、私はむしろドンシャリな音だと感じた。大体いつもイコライザで低音域と高音域を上げて聞くことが多いがこのイヤホンならそこまで強めに脚色する必要はないなと思った。またインピーダンスが低いのでかなり音量が大きく聞こえる。パソコンで聞くとホワイトノイズが目立つのでなんとかしたい。一応オンボのイヤホン出力じゃなくて拡張カード入れてそっち使ってるんだけどな…

総評

やっぱり5ドライバが5000円とかで買えるのおかしくない?

PIC MAN

ソフトとハードの両方の目線を持てるようになりたいです.

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。