Chuwi Hi9 Proを買った

8インチタブレットと私

これまで8インチ系タブレットを4台持っていた.Nexus7(2012年版)から始まり,これが初めて手にしたAndroid端末だった.翌年に解像度が上がりSoC性能も向上したNexus7(2013年版)が出るとすぐに買い替えた.

その後はwin8が出たあたりでWindows系のタブレットに興味が出てDELLのwinタブを買った.これもまた8インチ系.2017年位になると,Nexus7(2013)のタッチパネルの反応が悪くなった.その頃中華ガジェットが友人間で流行ってたのでFNF ifive mini 4Sを買った.

ifive mini 4Sは4:3のアス比でQXGA解像度のiPad miniクローン.それでいて1万円くらいだったので感動した.電子書籍を読むのに便利で重宝していたが,よくわからないタイミングでアプリが落ちたり,そもそもSoCが貧弱でもっさりしてたり,音声出力にホワイトノイズが乗りまくっていたり,torne mobileが動かなかったりでだんだん不便になってきた.

そんな中GearBestを彷徨っていたらChuwi Hi9 Proという製品を見つけた.

Chuwi Hi 9 Proのスペック

基本的なスペックは次のとおり.

  • OS:Android 8.0
  • CPU:Helio X23(10コア)
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • ディスプレイ:8.4インチ,2560×1600

詳しいスペックは他のガジェットブログさんにおまかせする.

実はLTE回線も使うことができる.しかもSIMが2枚入る(片方はMicroSDと共用).対応バンドは1/2/3/5/7/8/20.ソフトバンク回線なら満足に使えそうだ.今の所DOCOMO回線のSIMしか持っていないが,バンド1/3に対応しているのでこちらも大体は平気だろう.これでお値段1.5万円ほど.電子書籍も利用することが多くなったので外でも使えたら便利だと思い即ポチった.

現物

届いたのがこちら.

箱は簡素でダンボール製.よくある中華ガジェットの箱っぽい.内容物は本体と充電器,Type-Cケーブル,SIMニードル,保証書など.充電器はプラグの形が日本のAタイプのものではないので直接利用できない.が,例によってGearBestにて購入したので変換プラグがついてきた.本体はこんな感じ.

本体のカラーは黒.ベゼルは割と広い.持った感じはちょっと重いかなくらい.画面はIPSパネルなので割ときれい.

良かった点

簡単に箇条書きでまとめておく.

  • 画面がきれい
  • torne mobileが動く
  • マルチタスクが便利
  • DOCOMO回線が使る

中でもマルチタスクはまぁ便利.画面が大きいと分割していろいろ表示させるのが捗ります.特にtorne Mobileも分割できるので,テレビや録画を見ながらブラウジング,Twitterするなどめちゃめちゃ便利です.

上がテレビ,下がブラウザ

OSは素のAndroid 8.0が入ってるだけなので大体のアプリは動くと思います.

SoCが何故かHelio X27

良かった点なのかわからないけど,CPU-Zを開いてみたらX27で認識されていた.

それにしても,10コア分のCPUが表示されているのはなんとも圧巻である.

困った点

さてこのブログのメインである,使っていて困ったところを書き出したいと思う.

タッチパネルの反応が悪い

絶望的にタッチパネルの反応が悪い.反応が悪いというより,タッチパネルのタッチ位置出力レートが10Hzくらいで細かく取れてないんだと思う.おそらくハードがだめなんじゃないだろうか.タッチしたところからちょっと遅れて軌跡を描く感じ.お絵かきアプリですばやくうずまきを書いてみるとこうなる.

まぁ~~~カクカクしている.角と角の間もかなり開いてる.慣れればそれなりに使うことはできるけど,音ゲーとかやるのには致命的なのではないだろうか.

LTE回線が繋がらなくなる

これは文字通り.何故か再起動すると外回線に繋がらなくなる.再起動でなく,一度電源を落として再度起動しても繋がらなくなる.さらに,電源を落とさなくても突然さっぱり繋がらなくなることもある.一度機内モードにして見たりしたが,いくら待ってもつながらない.SIMカード自体は認識しているようだ.一応解決方法?はあって,

”SIMカードをもう一方のスロットに入れて再起動する”

である.これデュアルSIMに対応していなかったらどうなっていたんだろうか.解決方法を知っている方はぜひとも教えてほしい.

関連があるのか不明だが,起動するとワイヤレスアップデートにエラーログが生成されている.

細かいところ

バッテリーの持ちは微妙,そこまですぐ切れるわけではないけどあんまり持たない.また,カメラの画質はそこまで良くない.加えてスピーカーも少し音がこもっていて微妙だった(イヤホン端子からの出力は悪くなく,ホワイトノイズも乗っていなかった).ココらへんは中華端末なのでまあ仕方ない.

あとはAndroid8.1だったら良かったなと思います.ホーム画面で上から下へスワイプでステータスバーが出てこないので,画面が大きい端末だと少し不便.

総括

当初の目的である”外でもインターネットが使える”,”torne mobileが使える”ということが満たされているのは良かった.それにしても,タッチパネルの反応の悪さは操作性に直結してがっかりポイントだった.モバイル回線に繋がらなくなるのはきっとソフトのせいなのでアップデートで改善してもらいたい(全く期待はできないけれども).

余談になるが,タブレットはiPad一強になってしまったなという印象.軒並みAndroidタブレットは淘汰されてしまった.新型iPadも見たけれど無駄に高スペックでお値段も高くてなかなか手が出ない.CPU性能落として低価格版も出してくれないかな…

PIC MAN

ソフトとハードの両方の目線を持てるようになりたいです.

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。